医療関係の方へクリニック・開業医の先生方
先生が理想とするクリニックを作っていただくために

「開業ドクターの『伴走者』」、税理士・行政書士の松浦薫です。
内科・小児科・皮膚科・整形外科など色んな診療科目の先生の税務顧問として、日々お手伝いさせていただいている私が、院長先生とお話していて、いつも頭に浮かぶ言葉があります。

「院長先生は一人何役!?」

院長先生には、お医者様としての「患者さんへの診療」だけでなく、クリニックの経営者として、考えることが本当にたくさんあります。

  • どうやって患者さんにこのクリニックを知ってもらう&来ていただくのか?
  • 従業員やスタッフの方たちのコンディションはどうか?突然やめたりしないか?やめたらどうやって採用する?給与水準をどうするか?
  • 自分の考える診療を実現するための機器や薬剤は?
  • そもそも資金繰りは大丈夫か?収入は伸びているのか?

などなど。いってみれば、
「代表取締役社長 兼 経営企画室長 兼 経理部長 兼 人事部長 兼 マーケティング部長 兼購買部長 兼、兼、兼・・・」というところでしょうか。
だからこそ、サポートする立場としては、自分の専門領域以外のことでも「まず相談頂ける相手」でありたいと心がけてお付き合いさせて頂いてます。

ですので、先生から日々頂くご質問は様々。私自身が解決できるものもあれば、他の専門家の手を借りて解決するものもありますが、そうした日々のやりとりの積み重ねで、院長先生がお悩みになる論点や解決策(の選択肢)を少しずつ蓄積してきました。

ここでは、その中から、
私が日々、先生方からよく頂くご質問&差し上げているアドバイス
先生の経営に少しでもお役に立つかな、と思う情報
定期的に発信していきたいと思います。

診療科目、診療方針、スタイルの違いはあっても、院長先生が「経営者として」悩まれる論点は意外に共通していたりします。

少しでも、「しなくていい失敗」を避けて
少しでも、「より良い選択肢」を選んで

先生が理想とするクリニックを作って頂くために、参考になれば幸いです。